【丁寧】iPhoneのボイスメモを着信音に設定する方法

iphone voice-memo趣味・生活

iphoneの着信音は、デフォルトか購入かでしか変更できないと思い込んでいたのですが、自作できないものかと調べてみたらいくつか方法はありました。

iPhoneのボイスメモを利用して電話、メールなどの着信音をオリジナルの「音や声」に変えることが思ったよりも簡単にできましたので、手順を紹介したいと思います。

今回はiPhone8を利用した内容で説明していますが、iPhone12も同じ方法で設定できました。

ボイスメモで好みの音や声を着信音に設定してみましょう!

  • 自分が演奏したミュージック
  • ペットの鳴き声
  • 好きな人の声(彼女、彼氏、子供など)
  • 名セリフ

用意するもの

iPhoneとインターネットが利用できるパソコンであれば設定できます。またiTunesを使用しますので必要に応じてパソコンへのダウンロードしてください。

  • iPhone
  • パソコン(メール受信ができる環境)
  • iTunes(Appleが開発及び配布しているメディアプレーヤー)
  • ライトニングケーブル(iPhoneなどに付属品として同梱されている充電ケーブル)

作成手順

iPhoneのボイスメモで録音

録音はボイスメモの赤丸を押すと録音を開始し、もう一度押すと停止します。
録音が完了したデータの名称を変える場合は、再生画面にして名称箇所(「新規録音」など)に触れると変更できます。
iphone voice-memo

録音した音を複製

編集しなおしたい場合があるかも知れませんので、念のため原本を複製しておくといいかもしれません。
複製は録音したタイトルの再生画面を出して、タイトルの右端に「…」の入った青い丸のボタンを押すと「複製」が表示されます。その「複製」を押すとタイトルに「コピー」と付いて複製されます。
iphone voice 複製
複製されたデータはタイトルの右に「コピー」と表示されます。
③iphone voice コピー

複製したデータを編集(不要部分などをカットして39秒以内にする)

複製したデータが39秒以上の場合や無音個所など不要部分をカットします。
編集は、先ほどと同じように青い丸ボタンを押すと「録音を編集」が表示されます。
その「録音と編集」を押すと編集画面に変わりますので、まずは再生して聞いてみましょう。
iphone voice 編集
そしてカットしたい部分があるようでしたら上部のタイトル下の右側に四角いようなマークがありますので、それを押します。
iphone voice カット
すると音域部分が黄色くなります。
iphone voice トリミング
少し手間なのですが、黄色の範囲がカットされる部分になりますので、始まりと終わりの線をカットしたい部分まで移動させます。カット箇所が決まれば「削除」ボタンを押すとカットされます。カットが終わりましたら「完了」を押して終了です。
iphone voice トリミング削除

編集した音データをパソコンへメール送信

編集したデータは、そのままでは着信音として使用できませんのでパソコンで拡張子を「m4aからm4r」へ変更します。
iPhoneで編集したデータを出し、青い丸を押し、「共有」を選択します。
iphone voice 共有
パソコンへメール送信します。
iphone voice メール
メールにデータが貼付されます。
iphone メール添付

パソコンのトップ画面にデータを貼り付け

パソコンで受信したデータ(拡張子は.m4a)をトップ画面にダウンロードします。
m4aデータ

拡張子を「m4r」に変更

データの拡張子は「.m4a」となっていますので、タイトル部分からダイレクトに「.m4r」と書換えます。すると警告文が表示されますが、「はい」を選択します。
m4rデータ変換
「.m4r」に置き換わったデータになります。
M4r データ

iPhoneとパソコンを接続

パソコンで拡張子を変更したデータをiPhoneの着信音として設定しますので、iPhoneとパソコンを接続します。
PC iphone接続

パソコンのiTunesからiPhoneへデータを渡す

パソコンのiTunesを稼働させ、デバイス(接続したiPhone)の「着信音」を選択します。
iTunes
拡張子を「m4r」に変換したデータをクリック&ドロップして着信音のリスト内へ入れます。
iTunes 着信音

iphoneで着信音を設定

iPhoneの「設定」から「サウンドと触覚」を選択します。
iphone サウンドと触覚
「着信音」を押すと「m4r」に変換したデータが表示されますので、それを選択します。
iphone着信音選択
これで着信音は、ボイスメモで作成した内容で設定済みとなります。
iphone 着信音設定後
以上で、設定作業は完了となります。うまく設定できましたでしょうか。

注意点

注意点としましては、
  • 着信音に使用する場合の編集は、39秒以内にする必要があります。
  • ボイスメモを利用する音になりますので雑音が入らないように録音しましょう。
  • 自分だけで楽しむ分には大丈夫ですが、著作権で守られているものを利用し第三者に提供、販売などすることは法に抵触する可能性もありますので注意が必要です。
  • ボイスメモによるLINEやGmailなどの着信音は今回の設定対象外になります。
ちなみに
※LINEのデフォルト着信音設定は、「設定」⇒「通話」⇒「着信音・呼出音」にて変更。
※Gmailのデフォルト着信音設定は、「設定」⇒「メール通知」⇒「着信音」にて変更。

まとめ

iPhoneのボイスメモを利用した着信音を設定する手順についてご紹介しました。私は愛犬の鳴き声を着信音に設定していましたが、着信したときに近くに人がいるとキョロキョロされてしまうので、ちょっと恥ずかしいかもれしません。

改めて手順としては、以下の通りとなります。

  1. iPhoneのボイスメモで録音
  2. 録音した音を複製
  3. 複製したデータを編集(不要部分などをカットして39秒以内にする)
  4. 編集した音データをパソコンにメール送信
  5. パソコンのトップ画面にデータを貼り付け
  6. 拡張子を「m4r」に変更
  7. iPhoneとパソコンを接続
  8. パソコンのiTunesからiPhoneへデータを渡す
  9. iphoneで着信音を設定
今回はiPhone8とiPhone12で設定していますが、他のiPhoneモデルでは確認していないため、説明内容と異なる場合があるかもしれませんが、ご了承願います。
タイトルとURLをコピーしました