群馬県の高齢化を知りたくて2015年までの人口推移を調べた!

群馬 人口推移人口推計

群馬県の高齢化状況を知りたくて、1975年度から2015年度までの国勢調査に当たる年の年齢別人口推移を調べてみました。

※直近の2020年度分は元資料が確認できしだい更新する予定です。

集計した一覧からすると群馬県の2015年度の65歳以上の割合は27.6%でしたが、同年度の日本総人口127,095千人に占める65歳以上33,465千人の割合は26.3%であり群馬県の高齢化は進んでいるように感じられます。

それで、もう少し詳細にどのような感じで高齢者が増加し、子供の数が減少しているのか区分して推移リストを作成してみると群馬県の高齢化は急激に進んでいることが分かりました。

出典:政府統計の総合窓口(e-Stat)(https://www.e-stat.go.jp/)より加工して作成

数値は出典元に基づいていますが、独自加工していますのであくまでも目安としてご覧いただければ幸いです。

また一覧表の単位は「人」です。

群馬県 65歳以上の人口推移

群馬県の2015年度の人口を1975年度と比較してみると人口計で200千人(111.4%)増加していましたが、65歳以上は385千人(349.8%)増加と急激に高齢化は進んでいました。

なお群馬県人口に占める65歳以上の割合は1975年度は10人中0.9人だったのが、2015年度には10人中2.8人になっています。

1975年度1980年度1985年度1990年度1995年度2000年度2005年度2010年度2015年度
群馬人口1,756,3801,848,4891,921,2351,965,0042,003,4242,020,4532,023,1631,997,3531,956,690
65歳以上154,367184,115214,871256,367313,425367,117416,909470,520540,026
構成比8.8%10.0%11.2%13.0%15.6%18.2%20.6%23.6%27.6%

群馬県 15歳未満の人口推移

同様に群馬県15歳未満の2015年度と1975年度を比較してみると15歳未満は▲176千人(58.7%)と減少していました。

群馬県人口に占める15歳未満の構成比は1975年度で24.3%と10人中2.4人が15歳未満でしたが、2015年度には10人中1.3人という状態になっていました。

1975年度1980年度1985年度1990年度1995年度2000年度2005年度2010年度2015年度
群馬人口1,756,3801,848,4891,921,2351,965,0042,003,4242,020,4532,023,1631,997,3531,956,690
15歳未満427,621441,548424,829368,080329,960306,895291,995275,225250,884
構成比24.3%23.9%22.1%18.7%16.5%15.2%14.4%13.8%12.8%

人口 家族

群馬県 年齢別(15歳刻み)の人口推移

定年については2025年4月から65歳定年制が義務化予定ですが、まだ多くは60歳定年と思われますので15歳刻みでの人口推移表を作成してみました。

1975年度から2015年度の人口推移を見てみますと60歳未満は減少傾向、60歳以上が増加傾向にあります。

また2015年度は60~74歳が420千人(構成比21.5%)で群馬県内で最多の層です。

1975年度1980年度1985年度1990年度1995年度2000年度2005年度2010年度2015年度
0~14歳427,621441,548424,829368,080329,960306,895291,995275,225250,884
15~29歳415,662370,650365,879399,359411,171386,591332,100290,994273,760
30~44歳386,770436,204460,141441,534395,803383,492410,363410,499380,593
45~59歳298,120338,332363,515386,417435,942457,422435,927386,041371,775
60~74歳179,927198,476226,926267,832306,250330,709354,358401,742420,562
75~89歳47,00761,44177,17397,379117,018143,770180,325209,432228,635
90歳~1,2731,8382,7724,4037,28011,57418,09523,42030,481
1,756,3801,848,4891,921,2351,965,0042,003,4242,020,4532,023,1631,997,3531,956,690

群馬県 年齢別(15歳刻み)の人口推移グラフ

グラフにすると60歳未満は右下がりに、60歳以上は右上がりになっていることが一目で分かります。

群馬 人口推移グラフ2

群馬県 年齢別(5歳刻み)の人口推移

一番最初に作成したベースとなる5歳刻みの一覧となりますが、スマホでは見づらいと思われますので、この表をご覧になる場合はパソコンでの閲覧をおすすめします。

5歳刻みの年齢枠で、1975年度から2015年度までの間で最多の数値にマーカーしていますとほぼ階段状に右下がりになっていることが分かりますが、その枠の人数が5年後に5歳年齢が上がりますので当然の成り行きではありますね。

ですが、2015年度には65歳以上の枠がほぼ最多人数になっており、ここでも高齢化が見て取れます。

1975年度1980年度1985年度1990年度1995年度2000年度2005年度2010年度2015年度
0~4歳157,325137,741119,908104,49099,12898,16892,12883,42974,051
5~9歳139,453161,921140,516121,822107,350100,66499,29392,72884,040
10~14歳130,843141,886164,405141,768123,482108,063100,57499,06892,793
15~19歳121,882123,208137,652157,266135,412116,903103,00996,34495,840
20~24歳129,463106,948110,645122,491142,968119,418102,97589,79086,285
25~29歳164,317140,494117,582119,602132,791150,270126,116104,86091,635
30~34歳138,109169,363144,675120,607124,003134,998151,024125,697104,919
35~39歳123,847141,753172,652147,150123,380124,572135,115150,672125,678
40~44歳124,814125,088142,814173,777148,420123,922124,224134,130149,996
45~49歳120,489124,357124,616142,272173,356147,380122,795122,696132,418
50~54歳96,927119,042122,509123,511141,140171,109145,379120,755120,845
55~59歳80,70494,933116,390120,634121,446138,933167,753142,590118,512
60~64歳73,84077,64092,000113,247117,123118,936135,869164,074139,652
65~69歳59,86868,61473,20887,600107,923111,969114,158130,494157,725
70~74歳46,21952,22261,71866,98581,20499,804104,331107,174123,185
75~79歳28,24636,34642,53452,12057,88571,67788,99793,36597,154
80~84歳13,72918,42824,93031,18339,83745,83159,09973,74578,378
85~89歳5,0326,6679,70914,07619,29626,26232,22942,32253,103
90~94歳1,1581,6042,4333,8136,1589,52014,29217,75123,261
95~99歳1152223105591,0381,8783,4094,9616,164
100歳以上122931841763947081,056
1,756,3801,848,4891,921,2351,965,0042,003,4242,020,4532,023,1631,997,3531,956,690

少子高齢問題

まとめ

群馬県の高齢化について、65歳以上の人口は1975年度は154千人(構成比8.8%)でしたが、2015年度は540千人(構成比27.6%)と高齢者人口も構成比も増加していることが分かりました。

逆に少子化については、15歳未満の人口は1975年度は427千人(構成比24.3%)でしたが、2015年度は250千人(構成比12.8%)と年を追うごとに減少していることが分かりました。

医療技術の進歩などにより長寿になってきているとも思われますが、群馬県としての少子化対策や高齢者が働きやすい、また生活しやすい環境整備、制度設計などの取組みに期待をしています。

高齢化人口を知りたくて日本の人口推移を2020年度まで調べてみた!
少子高齢化という言葉を耳にして久しくなりますが、2020年度の総人口に占める65歳以上の割合は28.7%でした。では、もう少し詳細にどのような感じで高齢者が増加して、子供の数が減少しているのか1975年度からの推移を調べてみました。
タイトルとURLをコピーしました