Looopでんきへ乗換えた電気代比較

あさひろ

電気の使用量は特に夏と冬の時期が高くなりがちですよね。

それに2022年には電気料金の値上げも予定されているようです。

何とか電気料金を安くする方法はないかと新電力会社数社を比較してみました。

比較検討の結果、我が家では2021年7月に新電力会社へ乗り換えましたが、5か月間で電気料金が2万円以上安くなりましたので、その内容をご紹介したいと思います。

新電力会社比較

これまでの中部電力と新電力5社を比較しました。

下の表で、上段は基本料金と使用単価を比較し、下段は同じ条件で料金比較を行っています。

ちなみに我が家は2世帯住宅で使用量も多いため契約容量20KVA、契約種別は従量電灯Cで契約していますので、基本料金は1キロボルトアンペア(KVA)あたりで比較しています。

電気料金単価は2021年12月20日現在の各社ホームページの情報を元にしています。

また基本料金、従量料金単価による単純試算のため、燃料費調整額などは含んでいません。

電力会社 中部電力Looopでんきエルピオでんきシンエナジー親指デンキENEOSでんき
料金プラン従量電灯CビジネスプランスタンダードプランLプランCいいねプランC中部Cプラン
基本料金1KVA286.000.00254.62273.98143.00286.00
従量料金単価~120kwh21.0427.5020.8720.1926.4020.85
121~300kwh25.5127.5023.6224.0626.4024.77
301kwh~28.4627.5025.1524.8426.4026.49
試算  試算条件 ⇒ 契約容量:20KVA、使用量:1,150kwh
従量電灯CビジネスプランスタンダードプランLプランCいいねプランC中部Cプラン
基本料金1KVA5,720.000.05,092.45,479.62,860.05,720.0
従量料金~120kwh2,524.83,300.02,504.42,422.83,168.02,502.0
121~300kwh4,591.84,950.04,251.64,330.84,752.04,458.6
301kwh~24,191.023,375.021,377.521,114.022,440.022,516.5
37,027.631,625.033,225.933,347.233,220.035,197.1
中電との差額▲ 5,402.6▲ 3,801.7▲ 3,680.4▲ 3,807.6▲ 1,830.5

使用量1,150Kwhで試算したのは、我が家(2世帯分)の月平均の使用量を用いました。

試算結果としては、5社とも安くなることが分かりました。

従量料金の単価は、電気使用量により高くなる方式が主流のようで、設定単価は少し高めですが固定単価を用いている会社もあります。

リスト比較では我が家のように平均的に多く使用する場合は基本料金無しの固定単価のLooopでんきがお得でした。

但し、電気の使用量が少ない場合は、基本料金と段階的に単価が上がる従量料金により他の電力会社がお得になると思います。

Looopでんきへ乗換後の電気料金新旧比較

2021年7月に中部電力ミライズからLooopでんきに乗換えました。

本当に安くなったのかを半年分で検証してみました。

<2020年7月分の乗り換え前の明細>

<2021年7月分の乗換え後の明細>

前年同月の7~12月の半年間で比較したところ、1Kwh当たりの単価が「3.5円」安くなっていました。

金額ベースでは半年間で23,804円安くついたということになります。

電気代比較(2021年7月からLooopでんき)
2020年2021年(Looopでんき)前年比較
Kwh電気代単価Kwh電気代単価KVA電気代単価差額
7月98631,76232.285222,60226.5-134-9,160-5.7
8月1,65450,20730.41,12629,73726.4-528-20,470-3.9
9月1,35741,47830.685623,04326.9-501-18,435-3.6
10月91828,89531.581322,34027.5-105-6,555-4.0
11月90727,96030.879022,11128.0-117-5,849-2.8
12月1,01130,07329.71,12131,92528.51101,852-1.3
6,833210,37530.85,558151,75827.3-1,275-58,617-3.5
月平均1,13935,06330.892625,29327.3-213-9,770-3.5

2020年半年分の電気使用量6,833Kwhで2021年半年分の単価27.3円とすると186,541円になり、2020年半年合計の210,375円との差額は23,834円になります。

つまり、単純計算でLooopでんきに変えたことにより半年間で24,000円近く安くなったことになります。

電気料金の月中把握

月中でも現時点までの電気使用状況についてもネットで確認することができます。

例えば、下記のグラフは12月12日から18日の1週間分で日別時刻別にて電気使用量が分かります。

我が家では毎日夜8~9時頃に電気を2~3Kwhと多く使用していました。

Looopでんきへの乗換え手続き

ネットで申込みするとあとは何もすることはなく、Looop電気が既存の電力会社へ手続きを行い、完了するとメールにて連絡が入り手続きが完了します。

乗換え前も切替え後も何ら気になることもなく、自然に変わっていたという感じです。

申込みから切替えまでに2週間ほどかかりましたが、既存の電力会社の検針締め日の関係と思われます。

LooopでんきのPR

  • おすすめしたい新電力会社 No.1
  • 節約に期待できる新電力会社 No.1
  • わかりやすい料金プランの新電力会社 No.1
  • 安心・信頼できる新電力会社 No.1

———————————
調査方法:インターネット調査
調査概要:2021年8月_サイトのイメージ調査
調査提供:日本トレンドリサーチ
———————————

【電気代の節約に【Looopでんき】】

我が家の電気使用量は少し多めとは思いますが、参考になれば幸いです。

あさひろブログ

タイトルとURLをコピーしました